バッグの根革修理

バッグの根革部分に、何かトラブルが発生することもあるかもしれません。この場合ももちろん修理をすることができます。

バッグと持ち手とのつなぎ目の部位を根革と呼びます。長期間バッグを使用していると、この部分が傷んできたり切れてしまうこともあります。

バッグそのものはしっかりとしているのに、根革がボロボロになってしまい使い続けることが難しいと感じた場合も、バッグ修理が可能ですから是非検討してみてください。

根革の修理をする場合は、傷んでしまったり切れてしまった部位をキレに取り除くことから始まります。

そして、バッグに合った素材で形を作り、バッグに縫い付けます。この際に、もし金具なども古くて気になっている方は、一緒に新しいものに交換することもできます。根革を取り換えれば、見た目的に素敵になることはもちろん、安心して使うことができます。

根革がダメになると、バッグの使用を諦めてしまう方もいますが、それはもったいないこと。修理という方法も合わせて考える方が後くかもしれません。気になる修理の費用についてですが、こちらもお店によって違いがあるのですが、だいたい5~6,000円くらいから対応しているところもあります。

関連:修理に必要な期間